水素水は目的によって飲むタイミングを変えると効果的

水素水は目的によって飲むタイミングを変えると効果的

美容や医療業界で注目を集めているのが水素水です。せっかく飲むのなら、効果的に摂取したいですよね。どのように水素水を活用すると効果的なのでしょうか。
水素には高い抗酸化作用があり、美肌や健康などをサポートします。

 

老化の原因といわれる物質が活性酸素です。活性酸素が大量に体内で発生すると、細胞をさびつかせて老化が進行します。水素は活性酸素を無害な水に変えて、体をさびつきから守ってくれます。

 

水素水を選ぶときには、水素濃度を確認しましょう。水素濃度が低いと効果が期待できないので、できるだけ高濃度の水素水を選ぶようにします。高濃度水素水と謳っているものは、1.0~1.57ppmほどの濃度です。このくらいの水素濃度の水素水を選ぶとよいでしょう。
充填時の水素濃度が高くても、容器によっては保管中に水素が逃げて水素濃度が低下します。水素は非常に小さな分子なので、ペットボトル容器ではすぐに抜け出てしまいます。アルミパウチは水素が抜けにくい容器です。
飲むタイミングに決まりはありませんが、目的によって飲むタイミングを変えると効果的です。

 

運動をすると摂り込む酸素の量が増えて、活性酸素の発生量も増えます。運動時に水素水を飲めば、運動をするときに発生する活性酸素に対処できます。
ストレスを感じたときも活性酸素が大量に発生します。会議や試験の前など緊張する場面で飲めば、ストレスによる活性酸素を除去できます。

 

紫外線はお肌の大敵です。紫外線を浴びると活性酸素が発生し、シミやシワの原因となるのです。外出前に水素水を飲んでおけば、これから浴びる紫外線による活性酸素に対抗できます。
1日1回だけ飲むのなら朝がおすすめです。これから活動を開始して活性酸素発生量が増えるので、朝に飲んでこれから発生する活性酸素に備えます。

 

大量に摂取した水素はゲップやおならとして排泄されるので、水素水をたくさん飲んでも問題はありません。一度に大量に摂取しても排泄されてしまうので、1日数回に分けて飲むとよいでしょう。