慢性的な便秘の原因と改善方法

慢性的な便秘の原因と改善方法

慢性的な便秘の原因として最も多いのが、運動不足です。
筋力が低下して起こる弛緩性便秘と言えます。

 

 

腹筋、腸のぜんどう運動の機能が低下してしまいなかなか便が出なくなってしまいます。弛緩性便秘は特に女性、高齢者に多く見られる症状なのが特長で寝たきりの症状の高齢者や痩せている人が発症しやすいと言えます。

 

女性が男性と比較して便秘になりやすいのは筋力が弱いこととダイエットをしている人が多いからです。ダイエットも間違った方法だと便秘の原因となってしまいます。食事制限を行い水分、食事の量が減ると便が出にくい状態となり体内に蓄積されてしまいます。

 

さらに毎日の食事と便秘には深い関係があり、便秘改善に効果があると言われる食物繊維も過剰摂取をすると腸内ガスが発生し慢性便秘の原因となってしまいます。他にも慢性的なストレス、さらにはトイレに行くことを我慢するといった生活習慣によっても便秘になることがあると言えます。

 

 

慢性的な便秘の改善方法

 

 

慢性的な便秘の改善方法として真っ先に手をつける必要があるのが食生活の改善です。

 

 

腸内環境を良くする為に腸内の善玉菌を増加することが大切でヨーグルト、発酵食品などを食べて善玉菌の一種である乳酸菌の摂取を心がけましょう。

 

さらに野菜を意識して摂ることも重要です。食生活を改善することで腸の働きが活動的となりスムーズに排便が行なわれます。何故野菜が便秘解消に効果的なのかと言えば食物繊維を多く含んでいるからで、食物繊維は腸内をキレイにする働きがあります。さらに便秘の原因として便自体の量が少ない場合があるので食物繊維を摂取することで便の嵩を増すことが出来自然な排便へと繋がります。さらに食物繊維を多く含む食品として大豆類、キノコ、海藻、玄米を挙げることが出来ます。

 

次に重要なのが運動をすることです。便秘の原因が運動不足による筋力低下なので運動をすることで筋力がアップしスムーズに腸のぜんどう運動が行なわれるようになります。特に腹筋を鍛える必要があるので腹筋などを毎日行なうことで便秘を解消することが出来ます。

 

あと便秘解消の為には腸を刺激することがいいと言われています。起床した際に冷えた水をコップ1杯飲む習慣を付けることで便秘解消のサポートをすることが出来ます。便秘の原因として体内の水分不足も挙げることが出来、便の水分が少ないことで排泄しにくくなっているので起床時だけではなく水分をマメに補給することが便秘解消に繋がります。